stand alone complex

日本のプレゼン

開会式は8万人収容の新国立でやります
選手村はベイエリアに作ります 緑豊かな選手村にします 過去最大級規模と施設です
他の競技も概ね8キロ以内の場所で開催できます
前回の遺産を使うので、そんなにお金はかかりません
でも五輪用に48億ドル、しかも現金で持ってますけどね ←歓声と笑い声
選手の移動は秒単位で正確な鉄道があります
日本人はボランティア精神にあふれています
落とし物として年間30億円の現金が警察に届けられます
それらは持ち主の元へ帰ります ←歓声
東京の治安は世界一安全です
日本人でドーピング違反になった選手は過去に一人も居ません


スペインのプレゼン
もう五輪やる気で一杯施設作ったんです
経済のことは・・・とにかく観光方面で頑張ります 
スペインがやばくなったら欧州のみんなもヤバイんですよ 
投票してください


イスタンブールのプレゼン
我が国には誇り高き歴史があります
そう、我が国には誇り高き歴史があります
つまり、我が国には誇り高き歴史があるのです
要するに誇り高き歴史こそ我が国なのです

あなたの一秒は
あなたの人生だ。

(セイコー/2002/郡司晶子)
※9月6日は「時計の日」

許すという技術で最も肝心なことは
喜んで許すということです。

ジョセフ・マーフィー

— (via stilllll)

(via masakiya77)

他人の話がわからない場合、以下の4点が原因になっているはずです。
(1)そもそも何について話しているのか「論点」が分からない
(2)結局何が言いたいのか「結論」がわからない
(3)どのような根拠があってそう言っているのか「理由」がわからない
(4)どうしてほしい(どうする)のかという「行動」がわからない そこで(1)から順番に「論点」→「結論」→「理由」→「行動」の流れで話せば、誰が聞いても伝わる話ができるようになります。
問:お皿を洗うのに、何を使ってる?
答:いろいろ試したけど、夫がいちばんね。
自分の考え方をたしかなものにするために、自分の見方と違う情報は非常に大切なものです。ただし、注意しておかなければならないことは、自分の見方とまったく違う見方に触れるときは、自分がどういう目的で接しているのかということをつねに意識することです。 こうした目的意識を持って戦略的に活用したり、最低限、「けっして相手の主張に引き込まれないぞ」という緊張感を持って触れたりするようにすると、自分なりの深い見方を自分の中に築き上げていくことができます。
こないだ俺が入った国道沿いの露天風呂が
足湯として紹介されていた
【ブラジルVSドイツで起こった事件】
○クローゼがW杯歴代最多得点更新
○ブラジルがDFラインにアフロを3人並べる
○ウィリアン投入でブラジルのアフロが4人に
○フレッジがボールを持つだけでブーイング
○余裕のドイツが思い出出場選手を投入
○ブラジルサポーターがドイツ応援開始

「働くお母さんたちは、出かける前に8秒間抱きしめてあげなさい」

by井深大(ソニーの創業者)

抱きしめてあげるだけも愛は伝わります。忙しいといわずに8秒間だけ時間を取ってあげてください。

「母の前で平気にするいたずらは、信頼感のあらわれ」

著書『子育てにとても大切な27のヒント—クレヨンしんちゃん親子学』より

子どもがいたずらできるのは、親を信頼している証拠です。クレヨンしんちゃんの野原しんのすけも母・みさえの前で平気でいたずらをします。これは母親を信頼している証拠なのですね。

「究極の育児は、夫婦が仲良くしていること」

映画『うまれる』より

子供の事ばかり考えて、夫の事を後回しにしていませんか?子供は夫婦の関係を敏感に感じ取ります。夫と仲良くなることを忘れずに!

「子育ては塩加減、砂糖加減に味加減、 手綱加減に、手加減、湯加減です。 大変です。」

by美輪明宏

子育ては本当に大変。頑張りすぎると逆効果なことも。たまには手を抜いていいのです。リラックスしてください。

「子育てはつらいのと楽しいのどっちも、という、択一ではない状況に慣れてきた」

by古賀及子

子育てを『楽しまないといけない』と自分を追い込んでいませんか?子育ては『楽しい』ことも『つらい』ことも両方あります。どっちも正しいんです。どちらも受け入れる自分を作りましょう。

「赤ん坊は母親の目を見ているだけではなく、 自分を見ている母親の目を見ている」

byドナルド・ウィニコット(イギリスの小児科医、精神科医、精神分析家)

あなたは子供をどのような目で見ていますか?あなたが子供に感じていることを子供は敏感に感じ取ります。あふれんばかりの愛情をもって子供を見てください。

「子供たちのことで、何かを直してやろうとするときにはいつでも、それはむしろわれわれのほうで改めるべきことではないかと、まず注意深く考えてみるべきである。」

by ユング(スイス:精神医学者・心理学者)

子供は親を映す鏡です。子供の悪い部分は親の影響を受けている事が多いです。子供を注意するまえに、まずは、自分を見直してみてください!

「親にとって、子供はいつまでも子供である。たとえ、子供が白髪になっても。」

by ジャネット・リー

子供はかけがえのない存在です。いつまでたっても子供は子供。ずっと愛しい存在ですよね。

「子供を利口に育てたいと思ったら、利口であると言い続けなさい。否定的なことを言ってはいけません。」

by ジョセフ・マーフィー(20c米:教育家・牧師)

子供のセルフイメージを壊さないでください。「自分はバカだ」と思いこんだ子供は本当にバカになってしまいます。逆はおわかりですよね?

「子どもより大切な存在ってあるかしら?」

byオードリー・ヘプバーン

新しいプロジェクトや仕事を与えられたり、これまで出会ったことのない問題にぶつかると、どうしても恐れや不安が湧き上がるもの。「失敗したら、どうしよう…」とか、「うまくやらなくちゃ!」という気持ちが、より心とカラダを硬くしてしまうこともあります。では、自信とエネルギーを持って挑戦するには、どうすればいいのでしょうか?

Heidi Grant Halvorson博士は、心理学系ブログメディア「Psychology Today」で、このテーマについて採りあげ「失敗することを自分に許すと、結果として失敗が減る」と説いています。

それは、なぜでしょうか?

失敗から学ぶことによって、スキルや習慣を改善でき、失敗を防げるようになるからです。新しい仕事やプロジェクトに取り組むときは、「いまはうまくできなくて当たり前。失敗するかもしれないけど大丈夫。」と自分に言い聞かせ、自分の失敗を受け入れる意識を持つとよいようです。

具体的な方法としては、以下の3つのステップが提唱されています。

1. 難しいこと、慣れていないことに直面したら、こなせるようになるまで多少時間がかかるだろうという事実を受け止める。

2. うまくいかないときは、助けを求めること。助けを必要としていることは、自分に能力がないということではない。自分は何でもできるという思い込みこそ、愚の骨頂。

3. 他人と自分を比べない。むしろ、昨日と今日の自分のパフォーマンスを比較して、成長しているかどうかに注目しよう。


つい自分に厳しくなりがちな人は、ときには温かい目で自分の成長を見守る心がけも必要かもしれませんね。

このテーマについては、Halvorson博士著『Succeed: How We Can Reach Our Goals』(英書)でも、詳しく述べられています。ご関心のある方は、合わせてご一読くださいね。

さっき男子高校生5人組が
A「なあ暇だからジョジョごっこしようぜ」
B「じゃあ俺ジョジョやる」
A「じゃあ俺もジョジョやる」
B「他にジョジョやりたい奴いない?まだ6人空いてるんだけど」
C「じゃあ俺ジョジョやる」
とコントらしきことをしていた

 前座として修行中、師匠の立川談志からよく叱られたものです。ある時などは、朝、顔を合わせて「おはようございます」と言った、そのたった一言をいきなり注意されました。

 会って0.5秒で叱られる。これは一門の中での最短レコードとしていまだに記録は破られていないようです。その時の師匠の言葉が「リズムで挨拶するんじゃねえ」でした。

「2度寝もOK? 辛い時は寝逃げが有効」という記事のなかで、坪田先生は「睡眠の効果」について以下のように語っていらっしゃいます。
 

眠ることによって、現実から逃避する方法を“寝逃げ”といいます。(中略)

寝逃げには、悩み事で一杯になった脳を、眠ることでしばらく休ませてリセットする働きがあります。また、時間が解決してくれる問題もありますから、「果報は寝て待て」の実践にもなります。

私ってば、知らず知らずに「寝逃げ効果」を実践してるじゃないの! 偉いわ〜。と自画自賛しつつ、記事を熟読。

眠ることは、現実から逃避するだけではありません。眠っている間に、問題解決の糸口を見つけることができます。追想法あるいは レミニセンスと呼ばれるスキルです。

眠る前に問題について考えておくと、目が覚めたときにヒントが得られることがあります。発明王・エジソンやノーベル物理学賞の湯川秀樹博士も、この方法からアイデアを得ていました。レム睡眠中に行われる、脳のメンテナンスに関係があるのではないか、と考えられています。

あら? 私の場合、目覚めた時に問題解決することはなく、目が覚めたらまた現実を直視するだけ。だからまた現実逃避したくて寝てしまう……という悪循環で、結果、一年中「暁を覚えず」になってます(笑)。

坪田先生によると、問題解決する場合は

眠る前に問題となっている事柄をよく考えてください。内容が具体的であればあるほど、成果は大きいといわれています。そして、自分なりに解決方法も考えてみてください。こちらは、深みにはまって袋小路に入らない程度にしておきましょう。

最後に、「次に目が覚めたときには、問題の解決方法を思いついている」と、強く念じます。ここで疑ってはいけません。この自己暗示が深層心理に働きかけて、問題解決のアイデアを探し出してくれます。

とのこと。

なるほど。寝る前に真剣に問題を直視し、深みにはまる前にとっとと切り上げ、「この問題の解決法は必ずある」と信じることが大事ってことなのね。私はただ現実逃避していただけだったので、今夜から坪井先生のこのアドバイスを実行してみたいと思います。

また「深い睡眠時には得られない効果」として、「二度寝の間は、周囲からの光や音、布団の触感などが、ほんわかとした信号としてキャッチされていま す。これが淡く暖かな光に包まれて、宙に体が浮いたような感じを作り出し、幸せな気分にしてくれるのです」と、二度寝の勧めもされています。二度寝は、気 分が落ち込んでいる時ほど心に効果があるとか。

よく着てるシャツも茶色、スニーカーも茶色、ダウンも茶色…。
ある日彼と待ち合わせしてたら茶色い塊が歩いてたので
「へぇウンコって歩くんだ」と思ってたら、
ウンコさんが爽やかな笑顔で私に手を挙げたので彼だと気付いて

小笠原流礼法では,自分の存在は他人にとっては邪魔なのだ.だから自分を出すことはそれだけで迷惑となる.これは公衆意識の欠如である.

いわば,自己制御力がないのだ.そもそも自己抑制こそが作法の本質である.抑制をしない者は幼稚か野蛮とみなされる.

Ultralite Powered by Tumblr | Designed by:Doinwork